恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

10才以上年上上司のハートをつかむマル秘テクとは

2013.05.10

0024

会社の上司に恋するあなた。
なんとか距離を縮めたいけど
職場上の関係から進めない。
何の話をしていいのかわからない。
そんなことが多いのではないでしょうか。
上司を落とすために必要なテクニックをご紹介します。

1)こちらのツボはわかりやすく。


これは特に飲み会などにいえることですが
上司が「飲もう!」と飲み会を企画することが多い場合
好きなジャンルをわかりやすくすることが重要です。
たとえばあなたがお肉が好きなら、上司が
「今日は焼肉に行こう!」と言った場合
「わあ!お肉大好き、めっちゃ嬉しいです!」と喜ぶこと。
これによりこちらのツボが伝わります。


そして焼肉の場でも
「このお肉すっごくおいしいですよ!」と、
普段会社では見せないくらい、無邪気な喜びを見せること。
これで、貴方のほうから職場とは違う自分を見せるのです。
上司にとって、無邪気に喜ぶ貴方のすがたは可愛く見えます。
そして、もし上司からあなたを食事に誘いたいとき、ツボがわかれば誘いやすくなるのです。
年の差がある場合、上司にとってあなたは「わからない」存在なので
こちらから近づいてあげることが重要なのです。


2)世代差はネタにしつつ教えてもらう


年上を好きになると、会話をあわせたくて
世代差を埋めるべく色々勉強したくなりますね。
昔のPOPSとか、流行など・・・
しかし、勉強なんてする必要はありませんよ。
彼から教わればいいのです。
社内での会話や飲み会の席、カラオケの席などで
彼が昔のタレントや流行の話を始めたら
「知らなかったです!
 でも興味あります、教えてください!」
と、言ってみましょう。


昔のことを話したがる人が多いので、きっと一生懸命教えてくれます。
そしてその後で、その件について少し自分で掘り下げて、
「この間教えてもらった歌手の○○さんのCD聞きました!
 ○○って曲がいいですね」
などと声をかけてみましょう。
彼は自分をきっかけに、勉強してその歌手を好きになったと聞き
嬉しくなりますし、あなたをかわいく思うはずです。
最初から知っているように勉強するより、効果的だと思いませんか?


3)意外と古風な一面を見せる


基本的に、世代差を埋めるように勉強する必要はありませんが
何か知っていることがあれば、話してみるといいでしょう。
たとえば父親が好きだった番組で、小さい頃から見ていたものなど
彼と世代が合うものがあるかもしれません。


たとえば、彼の趣味が「マラソン」で毎年箱根駅伝を見ていたとして
貴方も父親が好きで見ていれば、会話のタネになりますね。
そういう「世代が離れても関係なく同じものを見ていた」というものは
彼にとって安心の要素ですし
あなたと話すきっかけになりやすくなるでしょう。
彼のことをリサーチした上で、話の種になりそうなことは
自分からタネをまいてあげるようにしましょう。



このように、年上上司との距離を縮めるには
まずあなたから近寄ることが大切です。
上司は「年が離れている」というだけで
「こんなおじさんじゃ・・・」と萎縮している場合が多く
あなたから近づかないと距離は縮まらないことが多いです。
その分、近づいてあげればすぐに
「いけるかも・・・?」なんて思ってくれることも多いですから
ツボを押さえてアタックしてみましょう!

(大豊 美沙 / レナイエル)

関連記事