恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

昭和オンナのすすめ

0023

恋愛がなぜか長続きしない、という悩みをお持ちの方におすすめなのが
「昭和オンナ」という考え方。
ちょっと古風だけど、なぜか和んでしまうような
ほっこりした女性は、恋愛が長続きする傾向にあります。
「昭和オンナ」の3つの特徴をお話しします。

1)三歩さがって子犬風


よく言われる昭和の女性の特徴ですね。
男性の三歩後ろを歩くようなおしとやかさ、というものです。
しかし、現代の昭和オンナというのはそれだけでなく
可愛らしさも兼ね備えています。
今の男性は昭和の男性のように「俺についてこい!」というような
強い主張のある方は減っていて
むしろ女性にさりげなくリードして欲しい男性が多いのです。
ですから、後ろから「付いて行く」雰囲気を出しつつも
「○○行きたいな、連れてって!」など、ちゃんと要求を伝えることが大切です。
男性にだけリードを求めていては、現代の男性は疲れてしまうのです。
子犬のような無邪気な可愛さをもって付いて行くのが重要ですね。


2)肉じゃがを一生懸命


昭和のお袋の味と言えば「肉じゃが」
昔は胃袋をつかめば男性は逃げていかないといわれたものです。
しかし、現代の昭和オンナは、最初から料理上手でなくていいのです。
今はなかなか料理をしない環境の女性も多く
働いている人ならなおさら、料理は「勉強中」でしょう。
それでいいのです。
「一生懸命、料理を勉強しているの」という姿勢さえあれば
昭和オンナとしては合格。
男性も、はじめからできるスキの無い女より
一生懸命料理を勉強するあなたに惹かれるでしょう。


3)病気のときこそ昭和オンナのけなげさを


男性は病気になると非常に弱気になるものです。
とくに一人暮らしの男性が熱でも出そうものなら
心はかなり弱っているでしょう。
そんなときこそ昭和オンナのけなげな看病が
彼の心をがっちりつかみます。
おかゆを作ってあげたり、薬を買ってきてあげるなど
甲斐甲斐しく看病しましょう。
「この子がいないとだめだ」と、一瞬でも思わせれば
昭和オンナの思い通りです。



昭和の女性は男性の後ろに「家内」として隠れながらも
実は男性の心をがっちり握っていたのです。
そんな昭和の女性を見習いつつも現代に添ったやり方で
しっかり恋愛を長続きさせたいものですね。

(大豊 美沙 / レナイエル)

関連記事