恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

遠距離恋愛の体験談 ( Part2 )

2013.04.23

0009

前回に引き続き遠距離恋愛体験談をご紹介します。
今回は、遠距離恋愛から結婚まで繋がった体験談です。

わたしたち夫婦は遠距離恋愛を通して結婚しました。
わたしが東京、彼が大阪の遠距離恋愛です。

出会った時にすでに遠距離恋愛でしたから、わたしたちは毎週のように東京か大阪にお互いにあそびに行きました。彼は当時大学生だったのでお金があまりなく、アルバイトで貯めたお金で夜行バスに乗って東京まで会いにきてくれました。

毎週のようにデートをして、いろんな観光地に行けたのはとてもよい思い出です。出会ってから8カ月で結婚したので、遠距離恋愛期間も8カ月ととても短かったのがよかったです。もっと長く続けていたらお金がなくなっていたことでしょう。

遠距離恋愛をするなら、いつまでに結婚を決めるなど目標を持ってしたほうがスムーズにつきあえるように思います。
(女性 / 39歳)

現在オーストラリアの旦那と出会ったのがオーストラリアで10年前。
結婚したのが3年前になります。

その7年間、日本で1年半同棲もしましたが、それ以外の期間は日本とゴールドコーストの約7,300kmという距離で付き合っていました。1年に1週間ぐらい仕事の合間をぬってオーストラリアへ。

あとは、メールのやり取り。これが意外にもビザ申請の時に役立ちました。
最初の頃はSkypeがなかったのか知らなかったのか定かではないですが、電話。後半からSkypeを使っていました。今は通信も発達しているので昔よりは距離を感じないで遠距離ができるかもしれませんね。
(女性 / 36歳)

私の場合は、長野と東京の遠距離でした。

私が大学生の頃、長野に就職を決めた彼と遠距離恋愛の開始でした。
私たちはお互いマメでは無く、週1、2回連絡を取る程度でした。
会うのは、2、3ヶ月に1回程度でした。

会った後は寂しくて辛いのですが、一週間も経つと寂しさも薄れてしまう感じでした。好きな気持ちも持続し辛く、別れそうになったこともありました。

しかし、それは離れていれば当然です。
私も就職で長野に帰り、遠距離は終わりを迎えました。

そして私たちは今、結婚して幸せに暮らしています。
(女性 / 25歳)

これは10年近くまえのお話ですが、当時付き合っていた彼が仕事の都合で住んでいる秋田から新潟へ行くことになり、遠距離恋愛となりました。毎日のメールや電話で寂しさを紛らわし、その後彼は千葉へ。

さらに距離が遠くなったことにショックを受けましたが、時々は帰ってきていたのでその時はずっと一緒にいました。その後彼は静岡へ。

数ヶ月間だったとは思いますがまったく帰ってこられなかったので寂しかったです。一度だけ会いに行きました。
その後はこちらで結婚。3児に恵まれて幸せです。
(女性 / 32歳)

(レナイエル)

関連記事