恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

遠距離恋愛の体験談 ( Part1 )

2013.04.22

0008

前回、遠距離恋愛を成功させる方法4選を紹介しましたが、
今回から3日連続で、遠距離恋愛体験談をご紹介します。

実際の体験ですから、きっと役に立つと思います。
まずは、失敗の体験談からです。

以前付き合っていた彼と1年でしたが、遠距離恋愛になりました。
彼はアメリカ、私は日本の超遠距離です。
出発する時は悲しくて不安で毎日連絡をとろうねと約束をし、
電話代などを節約する為にインターネットでのテレビチャットなども使って
最初の頃は時差があっても何とか連絡をとっていました。

彼は毎日楽しそうで外国の友達も増え、ワーキングホリデー生活を満喫しているようでした。私も彼のいない生活に慣れていき、他に出会いなどがあったわけでもなく彼の帰りを待っていましたが、お互いの生活時間のズレなどからだんだん連絡も減っていき、帰国した時には再会の喜びをさほど感じない自分がいました。

遠距離恋愛でもさすがにアメリカだと頑張っても会いにいけるようなところでもないので諦めきっていたら、本当にいなくても平気になってしまった様でした。そのまま別れてしまいましたが、自分には遠距離はできないと感じた経験でした。
(女性 / 34歳)

ネットに写真をアップしていたんですが、僕の写真がいいというので、友達になってくれと言われたことがあります。僕は神奈川に住んでいて、その人は大阪でした。

連絡をよく取るようになり、会いたいね、なんて話したこともありましたが、距離があるのでなかなか気軽に会いにいくことができませんでした。お互いカメラが趣味なので、撮った写真をイイねと言ったりしていました。

僕は好きになっていたんですが、彼女の方はどうだったかわかりません。連絡も減り、自然消滅した感じでした。
初めての遠距離で、簡単に会うことができないもどかしさを感じました。
(男性 / 27歳)

学生時代に遠距離恋愛をしていたことがあります。
遠距離といっても、新幹線で3時間程度で、それほど遠くはなかったのですが、結局距離に負けて別れてしまいました。

遠距離恋愛のコミュニケーションツールは、メールと電話。
彼はマメな方ではないので、電話を利用することが多かったですね。
電話の内容はそれぞれの毎日の出来事といった、他愛もないことがメイン。

会っていない分会話は弾むのですが、電話の終わりごろになると、会えないことがむなしく感じてきました。そう感じるようになってから、ちょっとしたことで相手を疑ったり、会話がおざなりになったり。

自然消滅に近い形で終わってしまいました。
私は遠距離恋愛には向かないなと、その時学習しました。
(女性 / 26歳)

私は学生のころに隣県に住んでいたのですが、そのとき彼氏がいました。
彼氏とは飲み会で知り合い、付き合い始めました。

彼は、卒業式の前日までカラオケで一日中付き合ってくれました。卒業して私は実家に戻りました。私が卒業した後は、メールのやりとりはありましたが、私からは積極的にしませんでした。

そして一度遊びにくる約束をしていた日に急にすっぽかされたので、腹が立ちそれからメールを送るのもやめて音信普通になり今に至ります。彼は、近くにいないとどんどん遠くに行ってしまうのだと思い、遠距離恋愛は私には向いていないことに気づきました。
(女性 / 26歳)

(レナイエル)

関連記事