恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

彼氏・彼女を駄目にしてしまうパターン4選

0039

① 世話を焼き過ぎる

自分がいなければ何もできなくなってしまいます。
依存度が高ければ高いほど、彼・彼女は駄目になっていきます。
程良く距離を保ち、自分の意思で物事を決めさせることが必要です。


② メールや電話、会う回数が頻繁

それだけ相手の時間を使っているので、彼・彼女が趣味に使いたい時間や友人と会う時間まで奪っている可能性があります。何事も彼氏・彼女優先で予定を決めてしまいがちなので、しまいには趣味がデートになり、友達付き合いも悪くなり人間関係に影響が出てしまうかもしれません。
友人からのお誘いが減ると、余計彼氏・彼女への依存度が高くなってしまうという悪循環になります。


③ 結婚という言葉を簡単に出してしまう

結婚するということは大変重みのあることです。
できるか分からないのに軽々しく結婚をちらつかせてはいけません。
それを聞けば、女性の場合、寿退社を狙って仕事に対するモチベーションも少なくなる可能性があります。
反対に男性がそれを聞けば、仕事をやめて転勤などについてきて欲しいタイプであるとすれば、仕事をやめることを薦めてくるかもしれません。より現実的な年齢になればなるほど、よりセンシティブな話題です。


④ 太ってもいいよ、などと言う

付き合う前は可愛く、カッコよかったのに、付き合ったとたん、だらしのない自分でも受け入れてくれる相手が見つかったと思うと、ついつい気を抜いてしまうもの。
しかし、油断して食べ過ぎたり、外見に気を遣わなくなれば、異性としての魅力も半減します。
相手に常に魅力的でいて欲しいのであれば、カッコ悪くてもいい、とは中身の部分に対してだけ言うようにしましょう。
弱みを見せても良い、というのと、太ってもいい、ダサい格好をしてきても良い、と言うのとでは大きく違います。関係を長続きさせるためには、常にお互いがお互いにとって魅力的である必要があります。


好きだとつい相手を甘やかしてしまいますよね。
全てを受け入れてあげたくなり、自分のことは二の次になってしまう人も、少なくないと思います。
ですが、そんな時こそ一歩引いて客観的に二人の関係を見つめ直すことが、恋愛が長続きする秘訣です。

(平泉 志保 / レナイエル)

関連記事