恋愛で幸せになりたい人を応援する RENAIEL(レナイエル)

告白の上手な断り方5選

0035

① 「恋愛より夢中なものがある」

恋愛が自分の優先順位の中で低いことを伝えます。
付き合っても会う時間があまりないことや、大事にできないことを理由にしましょう。
この断り方の良いところは、相手どうこうではなく自分自身の問題であるとするところです。
相手を大きく傷つけることなく断れるかもしれません。


② 「時間が欲しい」

過去の経験、もしくは日々の忙しさから、考える時間が欲しいと言います。
ちゃんと考えた上で答えを出したいと伝えることで、誠実さのアピールにもなります。
一時的な回避ではありますが、ポイントは時間を長くとることです。
相手に急かされても、自分のペースで。
時間が経つにつれて、相手が「もうだめなのかもしれないな」と思ったら成功です。
ハッキリと断りたくない、もしくはとりあえずキープにしたいときにはオススメです。


③ 「恋愛をするのが怖い」

辛い別れのトラウマ、元カレ・元カノへの未練などで、新しい恋に踏み切るのが怖い、と伝えます。
相手に「今はまだだめでも、少しずつ心を開いてくれたらいいな」と思わせられるかも。
これも、付き合うまではいかないけれど、ひとまずキープしたい人にはオススメです。


④ 「レズorゲイなんだ」

これは特殊なケースですが、初対面の相手、今後二度と会う機会がないような相手(旅先でなど)で、しつこい相手を諦めさせるのには有効です。恋愛対象の性別が違うなら、相手も諦めがつくでしょう。


⑤ 嫌われる努力をする

ひとまず告白を受けたあと、逆に嫌われるように行動します。
例えば、メールを極力返さずそっけなくし、約束をしてもドタキャンを繰り返すことで、相手も自分に気が無いことを察するはずです。


これはあくまでもやんわりと断りたい人、または相手をキープしておきたい人に向けたものです。
ですができることならはっきりと駄目なものは駄目と伝えるのが一番相手のためになります。
断ったあと、友達関係に戻れなかったり気まずくなったりしてしまったら、それは仕方のないことです。
こちらから変わらず接することで少しは解消されるかもしれません。
モテ女、モテ男の皆さまはぜひ活用してください。

(平泉 志保 / レナイエル)

関連記事